低確率で発生!ボトックス副作用【違和感を覚えた時はすぐに相談】

サイトメニュー

注射だけと甘く見ない事

注射

医師の経験年数は重要

ボトックスはボツリヌストキシンと言うボツリヌス菌から抽出したたんぱく質を注入する事により、脚痩せや小顔効果を得る治療法です。ボトックス副作用というものはなく、安全な施術方法ですが施術をする医師の腕に結果が左右される面がある事を知っておく必要があります。ボツリヌストキシンの注入量によってはボトックス副作用が起こる可能性はあります。そもそもこの施術方法が脚痩せや小顔効果を起こすメカニズムは、筋肉の緊張を和らげて収縮を抑え、筋肉を痩せさせる事です。その為注入量を誤れば、思った効果が得られなかったり過度に効いたりする事になります。必ず依頼するクリニックや医師が、この施術に対して十分な症例数をこなしている事を確認する必要があります。注射をする事はエステ等では認められていなく、医療機関で受ける事になります。美容効果を得る施術なので保険は適用されず全額自費になります。保険適用の治療でないので一般的な病院では受けられず、美容整形外科クリニックでしか受けられません。全国に沢山あり、エステの様にホームページも作っている所がほとんどなので、クリニックを探す事自体はそれ程難しい事はありません。しかし、美容整形を受けた事を口外する方は少ないので、普通に暮らしていてどこが良いのかは分かり難い面があります。ネットの口コミも参考程度にはなりますが、自分が信頼できるクリニックを見つけるには、自分の足で赴いて確かめる方法が確実です。美容整形外科クリニックは昔からありましたが、費用は高くて何よりメスを身体に入れる事に抵抗を感じる方が多く、利用する方は少ない傾向にありました。しかしボトックス治療は注射だけでメスを必要としない事から、2009年に厚生労働省が安全を認可した以降一気に全国で利用者が増えました。ボトックス治療は注射だけの手軽さも選ばれる理由ですが、ボトックス副作用というものがない事も大きな理由です。注入する薬剤によるボトックス副作用はなく、あるとすれば医師の腕が未熟だからこそ起こるトラブル位です。施術内容自体は安全なので、経験豊かなクリニックや医師に依頼する事でより安全に希望を叶える事ができます。美容整形の種類は色々ありますが、どの施術もダウンタイムが存在します。ダウンタイムとは施術を受ける前の状態に戻るまでの期間を言います。つまり赤みや腫れが引いて安定するまでの期間なのですが、ボトックス治療ではほとんどありません。施術を受けたすぐは施術前と何も変わりません。注射した跡に赤みがある場合も人によってありますが、目立ち難く化粧で隠せる程です。2〜3日後に効果を実感でき、2週間程で仕上がります。徐々に自然な形で効果が現れるので、美容整形を受けた事が周囲に分かり難い点も、選ばれている理由の1つです。

Copyright© 2018 低確率で発生!ボトックス副作用【違和感を覚えた時はすぐに相談】 All Rights Reserved.